年収

プログラマに選ばれている開発言語とは?求人数と言語別年収の関係性

プラグラマが選ぶ開発言語と年収とは

エンジニアの皆さんは今後のキャリアアップを考えて日々開発言語を学習し、生活を向上したいと年収アップを目指し技術情報を収集しているような方も多いかと思います。実はどの開発言語を選択するかで年収に大きな差があります。開発言語によって大きく需要も異なり、開発案件の数も大きく違います。今回は開発言語がどのようにエンジニアの年収に影響を及ぼすのかを年代別や、募集されている求人数、エンジニアが学習したいと思っている関心度から分析していきたいと思います。また、併せて主流言語や希少言語の取得に関するメリット・デメリットをご紹介したいと思います。これから新たに開発言語を習得する際にも是非参考にしていただければと思います。

続きを読む

エンジニアの平均年収と業種別・年代別年収データ徹底解析!高年収エンジニアの法則

「年収が高いという情報を見てエンジニアになったが、それほど稼げている実感がない」と感じているエンジニアの方もいらっしゃるでしょう。

世間一般的な平均年収は、国税庁の調査から男女・企業規模全てを含めたデータでは約400万円ほどとなっています。対してエンジニアの平均年収は、厚生労働省の調査から20代から40代の平均が500万円ほど (※情報サービス業の平均) という結果になっています。
この比較だけを見ると世間一般の年収よりも高いため「エンジニアの方が稼げる」という見え方にもなりますが、安易にこの比較だけで「エンジニアは稼げる」と思ってしまうのは早合点です。実際に働いているエンジニアの方の話を聞くと、“思っていたほど稼げていない”という声も良く聞こえるというのが実情なのです。

平均年収は高いはずなのになぜ?と思われるでしょう。
ここでは年代別・企業規模別平均年収も提示しながら、

・どうして稼げていないエンジニアも多いのか
・本当に稼げるエンジニアになるにはどうすべきか
・自分の年収はどのくらいが適正かどうすれば知ることができるのか

について解説していきますので読み進めて下さい。

続きを読む