今後のIT業界に対してコロナウイルスの影響はどう予測されるのか?

新型コロナウイルス拡大により、4月7日政府から緊急事態宣言が出され、企業ではリモートワークを導入する動きが本格化してきました。そんな中、IT業界への転職希望者が急増している、というアンケート結果が注目されています。
「Re就活」のサイト来訪者を対象に4月に実施したアンケートで「転職をする際に魅力を感じる業界」を尋ねたところ、「IT・通信・インターネット」が37.8%で最多となったとのこと。同社の1月のアンケートでは「IT・通信・インターネット」業界は10.1%で、この短期間に3倍以上の希望者増となっています。

続きを読む

オンライン活動を中心としたIT業界への転職活動のポイント(2020年度版)

かねてより進められていた働き方改革でも在宅勤務が増えてきていたところに、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点もあり在宅勤務を行う企業が急増しています。
通常業務だけでなく、企業の採用活動も同じようにWEB化が急速に進み、採用面談もWEB上で行われています。IT業界こそWEB化できて当たり前、という考え方もできますが、就職活動をWEBだけで完結するというのは今までにはなかったものでしょう。

企業説明会も多くの企業がWEB上でサイトリニューアルしながら適宜行われているので、すでに参加されたことのある方もいらっしゃるかもしれません。
ここではその先にある採用面談で<失敗しないための5つのポイント><好印象を与える為の6つのコツ>も解説してまいります。
今後もこの終息が見えない新たなウイルスに負けずに企業人として働くためには、対面ではなくWEB面談でもしっかりと自分を魅せていくことが求められるシーンが増加していくことも考えられます。

ポイント・コツとあわせてWEB上での転職活動を有利に進めていくための情報をまとめてご紹介します。目を通して転職活動に役立てて下さい。

続きを読む

IT業界とシステムエンジニアの働き方改革

働き方改革が叫ばれ、多くの業界で働き方改革に着手しています。働き方改革の中で大きく問題になっているのが、IT業界の長時間労働問題です。本稿では、IT業界やシステムエンジニアの長時間労働などの現状と、それに対して現在進んでいる働き方改革をご紹介します。

続きを読む

大手IT企業が実施した新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの感染拡大を請け、日本でもゴールデンウィーク明けまで”全国的な緊急事態宣言”を発令し、必要に迫られる形で「働き方改革」で推奨されてきたテレワークが”必要不可欠”な状態になりました。
テレワークで活躍するWEBシステム技術を提供するIT業界も例にもれず、多くの企業がテレワークを始めています。中には自社内でのテレワーク環境を整えるだけでなく、社会的に必要とされるノウハウやシステムを無償提供するなどの動きも広がっています。「IT企業としてできる事とは何か」を考えさせられることも多いのではないでしょうか。

ここでは大手SIer系IT企業で行われているコロナ対策はどのようなものがあるのか、公式ぺージのニュースリリースからまとめてみましたので参考にしてみてください。

続きを読む

テレワーク(リモートワーク)と開発系エンジニア

コロナウイルスによる新型肺炎のリスクの終息が全く見えない中で、時差通勤やテレワーク(リモートワーク)を推奨する企業が増えてきています。
国や自治体の“不要不急”の外出を控えて欲しいというガイダンスに連携して、社員の感染リスクとそれによる業務停止リスクを回避する狙いがあります。

テレワーク自体は2011年の東日本震災時にも多くの企業で適用されましたので、その言葉自体は浸透しているかと思います。働き方改革の推進により、職種によりますが時差通勤やテレワークの導入が拡大していますね。
延期とはなりましたが、東京オリンピックを迎える備えとして働き方改革を推進する動きが加速されていました。その中でのコロナウイルスの急激な拡大への対抗策として、前倒しでテレワークを導入した企業が少なくない形となりました。

総務省の令和元年通信利用動向調査によると、日本企業におけるテレワークの導入率は2012年の11.5%から2018年の19.1%と発表されており、緩やかな増加傾向にあることが分かっています。これまでテレワークが導入しやすい職種は営業職でした。外出先からそのままカフェや自宅でメールチェックをするという日常的な仕事のスタイルが定着しているからでしょう。

テレワークを活用する企業の例としては、富士通が有名です。同社は全社員約3万5000人を対象に、2017年4月から「テレワーク勤務制度」を導入することを発表しました。場所にとらわれずに働くことができ、上司の許可があれば何度でも利用できるそうです。

続きを読む

ITエンジニアの職務経歴書

履歴書はその人自身の履歴であり学歴や職歴、人となりを示すものですが、職務経歴書はそれとは異なり文字通り職務の経歴を中心に記述するものです。また、経歴を示すとともに自身の技術面をアピールする書類でもあります。
単純に経歴を記載するだけでは勿体ありませんので、キラリと光るところも合わせて示したいものです。

今回は職務経歴書の作成に自身が無い方向けに「そもそもITエンジニアとして何を書くべきか?」「ITエンジニアとして何を書けばキラリと光る職務経歴書になるか?」というところを中心に述べていきます。既に書き慣れている方でも、自分の職務経歴書を見直す意味で一読してみてください。

続きを読む

ITエンジニアの履歴書の書き方

履歴書は、書類選考時から面接までご自身を示す書類としてとても重要なものです。 履歴書の内容次第で事前の心象を良くして転職を有利に進められることに繋がりますし、その一方で大半の企業は履歴書の質・内容で書類選考の合格・不合格を決めるため、しっかりと作成する必要性があります。今回は転職経験が浅く職歴がまだ多く無いエンジニア向けに、履歴書の基本的な作成の仕方をお伝えいたします。既に履歴書を書き慣れている方でも、自分の履歴書を見直す意味で一読してみてください。

続きを読む

プロジェクトマネージャ(PM)ってどういう仕事?

ITエンジニアの中で求人の年収が比較的高い職種といえば「プロジェクトマネージャ(略して「PM」)です。
2018年末の国税庁データでは給与所得者の平均年収が441万円ですが、プロジェクトマネージャの平均年収は2016年度にITスキル研究フォーラム(iSRF)が調査した結果では607万円となっており、IT系の中では「マーケティング」「コンサルタント」に次ぐ年収となっています。
しかし、今からIT業界を希望されるみなさんにはプロジェクトマネージャがどのような仕事なのか、いまひとつイメージがわかないのではないでしょうか。
ここでは、プロジェクトマネージャがどのような仕事なのかを説明します。

続きを読む

Webアプリケーション開発ってどういう仕事?

ITエンジニアの中でも、特に求人が多いのが「Webアプリケーション開発」です。特に、プログラミング言語で一番求人が多い「Java」で需要が高い状況となっています。しかし、「Webアプリケーション開発」といっても実際はどのような仕事をしているのでしょうか。

今回は 「Webアプリケーション開発」に興味があるけれども、詳しいことはよくわからない方向けにどのような仕事なのか説明します。

続きを読む

ITエンジニアの退職に大切なものは?円満に退職するための対応方法

ITエンジニアにとって「退職」が上手くできるかどうかはとても重要です。
同業他社に転職する場合はプロジェクトで転職前の社員と一緒に仕事をする可能性がありますし、フリーランスになるつもりなら仕事を探す際の有益な人脈となりえます。逆に退職時にトラブルになってしまうと、どこで足を引っ張られるかわからないというリスクにもなります。

上手く退職するためには、いくつか気を付けなければならない点があります。 そこで、ITエンジニアが円満に退職するための注意点を紹介したいと思います。

続きを読む