「2025年の崖」とは? エンジニアが知るべき背景と今後のキャリアプラン

昨年度の緊急事態宣言後、いったん落ち着きをみせた新型コロナウイルスですが、本格的な冬の到来とともに首都圏を中心に過去に無いほどの感染拡大となってしまい、2020年1月7日に2度目の緊急事態宣言が発令されました。

飲食店を中心に営業時間を 20時までに依頼するとともに、人の流れを減らすために出勤率7割減(テレワーク推進)などの“お願い”が政府から説明されました。
リモートワークや外出自粛が推奨されたことで、もっとも大きな変化が発生したのは、“デジタル化”でしょう。Zoomなどを使ったWeb会議が急速に拡大し、ECサイトでの買い物やスマホ注文によるデリバリーサービスも日常的に使われるようになりました。いずれも緊急事態宣言によるステイホーム期間中に注目された、デジタルを活用した新しい生活様式の実現でした。

続きを読む

AIとロボットの進化とITエンジニアの将来像とは?

AI搭載ロボットのニュースを聞くことが増えてきていませんか。現在は発表当時と状況が変化してきていますが、2014年にオックスフォード大学の「将来なくなる仕事」の発表で世界に衝撃を与えました。論文発表のようにすでに人が行っていた仕事を機械が担いはじめており、その影響はITエンジニアにも出始めています。本稿ではAI搭載ロボットの現状とエンジニアの将来に関してご紹介します。ぜひ参考にしてください。

続きを読む

エンジニアは独学ができないとダメ? 昔の事情と今の事情

ITエンジニアも幅広い世代に広がり、世代間によって意識の差が出始めています。世代ごとに受けてきた教育や仕事観など様々な要素が違うので当たり前ですが、最近では求人募集の中にメンターがついてサポートするものも見受けられます。

ひと昔前では基本的に独学が当たり前の時代でしたが、現実的にはどれが現状の最適解になるのでしょうか。

続きを読む

IT業界のテレワーク実施率は? 変われる企業に将来を見出す

毎日のニュースで聞こえているかとは思いますが、新型コロナウイルスの感染者が増えており、第3波が到来しているとも言われています。緊急事態宣言の際は多くの企業がテレワークを導入しているというニュースも流れましたが、現在多くの企業はどう変わっているのでしょうか。
本稿では現在のテレワークの状況や今後の将来の見通しなどをご紹介します。

続きを読む

定量化の難しいITエンジニアの市場価値を高める方法とは?

コロナ禍と言われる新型コロナウイルスによる生活様式の変化によって、ECサイトでの購買活動が一気に拡大し、その傾向は今でも続いています。また、在宅勤務が珍しくない今では、在宅勤務を実現する会議システムやコールセンターシステムが急速に導入され、それに伴うセキュリティ対策も見直されてきています。ITに対するニーズは、コロナ禍が終わった後も続いていくことでしょう。益々、ITエンジニアのニーズは高まっていきます。

そんなニーズの高まるITエンジニアですが、技術の定量化が難しいためにニーズとITエンジニアの間でミスマッチが発生するケースが絶えません。今後の需要に沿い、ニーズのあるITエンジニアとでいるにはどうすれば良いでしょうか。

続きを読む

システム障害の責任の所在は? 東証のシステム障害の顛末

ITサービスが身近になった昨今、個人・企業の活動はシステムありきの前提で成り立っています。人々の暮らしを豊かにする便利なITサービスですが、サービス運営者にとって恐ろしいのがシステムトラブルです。

ひとたびシステムが停止すると、顧客に多大なる影響が発生し迷惑をかけるばかりか、障害の原因や影響次第では、損害賠償を請求される恐れもあります。
この記事では、東京証券取引所で発生した大規模なシステム障害の事例や、トラブル発生時の責任の所在などについて解説します。

続きを読む

Javaはもうオワコンなのか? 将来性を考える

IT技術は進歩のペースが速く、新しい言語が生み出されシステム開発の現場でも新しいものを取り入れていくケースが多くあります。
その反面、ホスト系開発ではCOBOL、WEB系や業務系開発の現場ではJavaを利用する案件もまだまだ多いのも現状。
COBOLもJavaも「オワコン(終わったコンテンツ)」として取り上げるメディアもありますが、実際の案件数を見てみると、どちらも終わったとは言えない状況が続いています。

とはいえ、「もう終わりが見えているものを習得してもよいことなどない」と考え、悩むエンジニアも多くいる中、今後も生き残っていけるエンジニアとなるにはどうすべきか気になるところでしょう。こちらのページでは「Javaの将来性はあるのか」という観点に絞り、検証してまいります。

先に結論をお伝えすると、「Javaはこれからも変わらず需要があるであろう」と予測が立てられます。その理由を詳しく見ていきましょう。

続きを読む

ITエンジニアに必要な論理的思考力はどうやって高めるのか?

ITエンジニアの市場価値を高める特徴の1つとして、論理的思考があります。ITエンジニアなら誰でも論理的思考力は持っていると思われる方も多いかもしれません。しかし、システム開発で論理的思考を行っていても、それを普段から活用できているITエンジニアは案外少ないです。本稿では、論理的思考を獲得するにはどうすればいいのか、論理的思考の概要をご紹介します。

続きを読む

IT業界に不況の波が来る? 他業種のコロナリストラがITエンジニアのキャリアを壊す

国内における新型コロナウイルスによる新規感染者は夏から秋にかけて落ち着きはじめ、大規模イベントの開催・GoToキャンペーンの活況が報じられることで、収束方向に向くのでは?という印象がありました。
しかしながら、11月に入ってから北海道、東京、大阪の都市部では新規感染者数が拡大しており、11月18日には東京で過去最高の人数、更にその数が増えることが想定されています。北海道では外出自粛の要請が発表されるなど、先の見えないトンネルに逆戻りしてしまいかねない状況にあります。
一方で企業の業績については外出自粛期間の影響により大幅な減益や赤字が続出し、希望・早期退職者募集を実施する大手企業が出てきました。東京商工リサーチによると、2020年10月末までに上場企業の早期・希望退職募集が72社14,095人に達したとのこと。これは昨年の倍に達しています。

こうした世間の情勢はIT業界にどのような影響をもたらすのでしょうか。

続きを読む