未経験

未経験からプログラマー転職者が辞めたいと悩む理由

未経験からプログラマーに転職できたけど、もう辞めたい

未経験からプログラマーへと転職を叶え、活躍していきたいと考える方は多いでしょう。

プログラミング未経験の方や文系出身の方がプログラマーとして活躍されている事例も多く耳にするようになりました。

また、異業種からプログラミングを習得し、未経験OKの企業に転職することができたという方も以前より増えているのも事実です。

その背景については後述しますが、実際に未経験OKとしている求人は、以前と比較ならないほど増えていることは求人サイトをご利用されている人なら実感されいるのではないでしょうか。

続きを読む

プログラミング初心者は何から初めればいいのか? ハマりやすいポイントも解説!

プログラミング言語を記述し、様々なアプリケーションを構築しているプログラマーは高度な技術を活用していて何をしているのかすらわからず、非常にハードルが高いと思っていませんか。
そのため未経験の人がプログラマーを目指そうと考えても、何から初めて良いのか悩んでしまい、早々に諦めてしまうというパターンが多いようです。

しかし、現在のIT業界は大きな問題を抱えています。
経産省のDXレポートには、2030年までに最大79万人ものIT人材が不足すると記載されているのです。
既に、IT業界では仕事は増えているが人材が不足しているという状況になっており、中小企業が経験者を募集しても採用することができないという状況になっています。

続きを読む

未経験からプログラマーに転職できる限界は何歳? 転職を成功させるポイントも解説!

IT人材は2030年に最大79万人不足するといわれています。人材不足の報道を受け、未経験からITエンジニアを目指す人が急増するとともに、ITスクールやオンライン学習サイトも乱立しています。

新型コロナウィルスの猛威による影響によって、飲食店や観光業など大きな影響があった業界も多く、安定している業界としてIT業界に手に職を付けて安定して働きたいと思っている人も多いのだと思います。

スクールや学習サイトの広告で、「1年でフリーランスへ転向できる」「いくつになってもプログラミングの習得は遅くない」などのキャッチフレーズを見かけた人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

地方在住者が未経験からITエンジニアへの転職は可能?クリアすべきポイントを徹底解説

以前は地方在住の方がエンジニアを目指す場合、プログラミングの勉強を始めるため、スクールがある場所まで通わなくてはいけないといった問題がありました。

それだけでなく地方ではITエンジニア向けの求人も少ないこともあり、地場の企業への転職は難しいというような壁にあたってしまう方も多かったのではないでしょうか。

しかし、働き方改革やコロナ禍などの影響によりIT企業の働き方は他の業種と比較しても大きく変わりました。

続きを読む

未経験から1年でフリーランスエンジニアの末路は悲惨なのか?

近年のIT業界は深刻なIT人材の不足に拍車がかかり、経験者の中途採用がますます困難になっています。

そんな背景からか、IT企業は未経験者まで採用の裾野を広げ、教育することを前提に採用を強めています。
未経験者の求人が増えたことも有り、異業種からITエンジニアに転向しようとする流れが強くなっています。

並行して、ここが商機だとスクールや動画学習サイトなどが乱立し、競争を勝ち抜くために過激なコピーで未経験者を勧誘している状況です。

続きを読む

未経験からエンジニアになるのは過酷だからやめておけって本当なのか?

以前はブラック企業の代名詞として見られていたIT企業ですが、皆さんはITエンジニアの仕事に対して過酷な職業だと思っていらっしゃいますか?

特に未経験からITエンジニアを目指すのは過酷で覚えなくてはいけないことも多すぎて無理なんじゃないのかと思っている人も多いと思います。

続きを読む

2030年にはIT人材が最大79万人不足するって本当? 需要が高まる職種やスキルなどを解説

日本ではデジタル庁が発足され、AIやクラウドなどの利用も進み、IT市場が活況に見えます。しかしその一方で、IT人材の不足が危険視されています。

ITエンジニアの仕事が増えてしまい、人材が増えなければ1人あたりの業務の負担が増すのではないかと、不安を覚えてしまう方もいるでしょう。そこで今回は、国内におけるIT人材不足の実情や国の対策を解説します。

続きを読む

ITエンジニアのポートフォリオは未経験者の転職にこそ重要とされる理由とは?

ITエンジニアのポートフォリオは未経験者こそ重要

エンジニアは慢性的な人手不足と言われ続けていますが、状況は深刻で、中小IT企業は経験者の採用が非常に難しくなっています。

政府の試算では2030年には最大79万人ものIT自在が不足するというレポートも公表されていて、とてもじゃないですが、現在IT業界に関連している人材だけで、この不足を補うことはできないのです。

続きを読む