基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間は? おすすめの勉強方法や注意点などを解説!

基本情報技術者試験は必要なのか?

基本情報技術者試験は新人ITエンジニアの登竜門として知名度の高い国家試験です。特にプログラマーやSE(システムエンジニア)が開発スキルの基礎を学ぶのにおすすめできます。

ただ、ITパスポートよりも難易度が高く、簡単には取れないのではないかと思ってしまいがちです。合格するにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

この記事では、基本情報技術者試験の概要をおさらいしつつ、合格までに必要な勉強時間をIT業界経験者と未経験者に分けて詳しく解説します。

効率的な勉強方法や注意点なども解説するので参考にしてみてください。

そもそも基本情報技術者試験とは?

まずは、基本情報技術者試験の概要をはじめ、2023年4月からの制度変更、ITパスポート試験との違いなどについて解説していきます。

基本情報技術者試験の概要

基本情報技術者試験とは、ITエンジニアに求められる基本的な知識・スキルを証明できる国家資格です。

情報処理推進機構(IPA)が試験を実施しており、ITエンジニアになるための登竜門といわれています。

実施時期や試験時間、出題形式、出題数は下記の通りです。

実施時期実施時期 春期(4月~5月)・秋期(10月~11月)
試験時間午前試験:150分
午後試験:150分
出題形式午前試験:多肢選択式(四肢択一)
午後試験:多肢選択式
出題数午前試験:80問
午後試験:11問(選択式で解答数は5

2023年4月から試験制度が改訂

基本情報技術者試験は、2023年4月から試験制度が改訂されます。

主な変更点は下記の通りです。

  • 通年化の試験になり、年間受験可能回数が増える
  • 受験者が都合のよい日時を選択して受験できるようになる
  • 午前試験と午後試験の名称が科目A試験と科目B試験に変更される
  • 試験時間が短縮される
  • 個別プログラム言語による出題が選択制ではなくなる

変更後の試験時間、出題数、解答数は下記の通りです。

科目A試験科目B試験
試験時間90分100分
出題数60問20問
解答数60問20問

参考:情報処理技術者試験における出題範囲・シラバス等の変更内容の公表について(IPA)

基本情報技術者試験とITパスポート試験の違い

基本情報技術者試験はITパスポートよりも難易度が高いです。

直近の合格率を比較してみましょう。

年度ITパスポート基本情報技術者試験
令和4年57.6%(4月~6月)38.3%(5月)

ITパスポートは合格者が半数を超えていますが、基本情報技術者試験は合格者が半数を下回っています。

基本情報技術者がITパスポートより難易度が高い理由は主にプログラミングに関する読解問題にあります。基本情報技術者試験では、さまざまなシチュエーションを想定したプログラムの例を解析して問いに答える問題があります。

実際にプログラミングの処理を読み取らなければならないので、暗記だけでは太刀打ちできません。

その一方でITパスポートはIT用語の意味を覚えていれば回答できる問題が多いので、曖昧な知識でも合格できる場合があります。

参考:
ITパスポート試験 試験結果(IPA)
令和4年度上期基本情報技術者試験 試験結果情報(IPA)

基本情報技術者に合格するための勉強時間

基本情報技術者試験に合格するための勉強時間をITの基礎知識がある場合とIT未経験者の場合に分けて解説していきます。

ITの基礎知識がある場合

ITの基礎知識がある場合の勉強時間は50時間以上が目安として挙げられます。

短いように感じるかもしれませんが、IT業界で働いている方やITに関する専門学校に通っていた方などであれば、試験の勉強をしなくてもIT用語やプログラミングの問題が解ける可能性が高いです。

自分があまり詳しくない分野を補強するように学習していけば、短時間の学習で試験に合格するのは不可能ではないでしょう。

IT未経験者の場合

IT未経験の場合の勉強時間は200時間以上が目安として挙げられます。

勉強時間が多いと感じるかもしれませんが、未経験者はIT業界経験者と比べて学習すべきことが多いです。

まず、日常的に聞き慣れないIT用語の意味をインプットする必要があります。特に時間を割かなければならないのがプログラミングの学習です。

基本情報技術者試験に出題されるプログラミングコードを読み込むためには、プログラミングの文法を理解する必要があります。

理解度を高めるには、実際に開発環境を用意してプログラミングの操作に慣れることも大切です。

場合によっては半年以上の期間がかかってもおかしくはないでしょう。

基本情報技術者試験に合格するためのおすすめの勉強法

基本情報技術者試験のおすすめな勉強法とは

基本情報技術者試験に合格するためのおすすめの勉強法をITの基礎知識がある場合とIT未経験者の場合に分けて解説していきます。

ITの基礎知識がある場合

ITの基礎知識がある場合、過去問演習から始めてみましょう。正答率が低い分野を把握できれば、勉強すべき範囲が絞れるので、効率的に学習を進めていけます。

参考書に関しては入門テキストばかりを購入するのはおすすめできません。自分が理解している部分を読み進めるのは時間が無駄になってしまうからです。

最低限の入門テキストを用意したら、そのほかは「アルゴリズム」「ネットワーク」といったように、苦手な分野に特化した参考書を購入するようにしましょう。

IT未経験者の場合

IT未経験者の場合、基本情報技術者試験のテキストでIT用語の意味が理解しづらいと感じたら、ITパスポートのテキストを活用してみましょう。

ITパスポートは基本的にIT未経験者が受験する試験なので、基本情報技術者試験のテキストよりもわかりやすいです。

ITパスポートのテキストで基本的な用語の意味を理解すれば、基本情報技術者試験の学習も効率的に進められるでしょう。

未経験者が試験に合格するために乗り越えなければならないのがプログラミング分野です。プログラミングのコードを読み取れるようになるには、実際にプログラミングを動かすのが近道です。

最近のプログラミング言語の入門テキストには、開発環境を整える方法まで解説されています。入門テキストを活用して、環境を整えたうえでプログラミングを実践しましょう。

IT未経験者が勉強を進めるときに注意するポイント

初心者が注意するべきポイント

IT未経験者が勉強を進めるときに注意したい点が、完全な独学にならないようにすることです。

わかりにくいテキストを選んでしまうと、勉強効率が極端に低下してしまいます。誤った学習方法を継続してしまい、いつまでたっても過去問が解けるようにならないこともあるでしょう。そうならないよう、合格者からわかりやすいテキストや勉強方法を教えてもらうのがおすすめです。

ただ、身近に合格した方がいない場合もあるかもしれません。その場合は、YouTubeで合格者の動画を探してみましょう。

さまざまなYouTuberが、実体験にもとづきわかりやすいテキストや最短で合格するための勉強方法を紹介しています。自分の勉強方法を見直す機会になるので、YouTube動画も積極的に視聴してみてください。

基本情報技術者の資格はIT未経験者に意味がある?

基本情報技術者試験は初心者にとって役に立つのか

基本情報技術者の資格は、IT未経験者が求人を応募するときに役立ちます。

基本情報技術者試験に合格すれば、少なくともプログラミングのコードを読解する力を有していることを証明できます。

そのため、企業側に教育の手間が少ないイメージを与えられるので、資格を保有していない未経験者よりも興味を持ってもらえる可能性が高いです。

面接にたどり着けるチャンスも増えるので、異業種からIT業界を希望する場合に強力な武器となるでしょう。

まとめ

基本情報技術者試験の概要をおさらいしつつ、合格に必要な勉強時間やおすすめの勉強方法などについて解説しました。

IT未経験者の中には、必要な勉強時間が多いと感じた方もいるかもしれません。

しかしIT未経験者であっても、工夫して効率的に勉強に取り組めば、勉強時間を短縮できます。
ITパスポートの教材を利用したり、プログラミングを実際に行ったり、すでに合格している人におすすめの学習方法を聞いたりしてみましょう。

転職してから受験すればよいと考える方もいるかもしれませんが、仕事が忙しいとどうしても後回しになってしまい、結果として受験をやめてしまうこともあります。転職前に時間があるのであれば、思い切って取得してしまうのがおすすめです。

IT人材不足は今後5年~10年は続くと思われ、今よりも収入が上る可能性も高いです。

未経験でIT業界に進むのは簡単ではありませんが、基本情報技術者試験に合格すればIT企業に自信を持って応募できるようになります。これからIT業界を目指す方は、ぜひ基本情報技術者試験の合格を目指してみてください。

ITエンジニアを目指しているならJavaキャリで!

 

 

ITエンジニアになりたいと思っているなら、今がチャンスな時期です!
いまの仕事では給与も上がりづらく、将来にも不安があると悩んでいるなら、思い切ってITエンジニアへの転職という選択肢もあります。
昨今IT人材の人手不足は深刻化していて、これまでの異業種の経験を活かしてITエンジニアへキャリアチェンジは十分可能です。
これからますますニーズが強まるITエンジニアになるなら、IT専門転職サイト「Javaキャリ」がおすすめです。
Javaキャリでは、特にこのような方を対象としています。

●異業種で営業をしていたが、プログラミングしたい
●飲食業界に不安を覚えIT系のスクールに通っている
●仕事として未経験だが、趣味でプログラミングを勉強している
●完全未経験だけど、どうしてもITエンジニアになりたい

会員登録(無料)とすると、スカウト受信が可能で企業から直接スカウトメールが届くダイレクト・リクルーティングも完備。また、未経験の方がIT業界に転職するために必要なことなどご相談も可能です。

これからITエンジニアになるなら、未経験者にも強いエンジニア専門転職サイト「Javaキャリ」

これからITエンジニアになろう、という貴方。どこで未経験者OKの求人を探せば良いか、お悩みではありませんか?
IT業界に特化したエンジニアのための転職サイト「Javaキャリ」はIT業界の中でもプログラミングスキルをもったエンジニアに特化した転職サイトとして多数の求人をご用意、専門サイトならではの機能で貴方の転職活動を応援します。
「Javaキャリ」を是非あなたの転職活動にお役立てください!


「Javaキャリ」で未経験可の求人を見てみる!

  • ファイナンシャルテクノロジーシステム株式会社
    年収 350万円 ~ 700万円
    業界30年のノウハウと革新的な独自AIプラットフ…

    〈会社の特徴〉 弊社はFintech分野をリードする、先進的なシステム開発を得意とする会社です。 Finance(金

    ファイナンシャルテクノロジーシステム株式会社
    place東京都
  • 株式会社インプレス
    年収 300万円 ~ 600万円
    【20代・30代活躍中】オープン系SE・PG◆上…

    経営理念は、「技術の前に人ありき」。 人柄重視といっても、難しいことは求めません。 きちんと挨拶ができ、お客様や

    株式会社インプレス
    place東京都
  • 株式会社インフォメーションポート
    月給 26万円 ~ 50万円
    【SE/PG】あなたの「やってみたい!」「スキル…

    インフォメーションポートは「スキルアップを実感できる」会社です。 ◆同じような仕事でスキルアップできていない ◆

    株式会社インフォメーションポート
    place東京都
  • 株式会社クリエーション・ビュー
    年収 400万円 ~ 800万円
    一次請け案件8割/20代活躍中/残業ほぼゼロ/1…

    「手を動かすだけでは物足りない…」 そんなスキルアップを目指す、エンジニアの想いに応えます! エンジニア一人ひ

    株式会社クリエーション・ビュー
    place東京都
  • AZURE・PLUS株式会社
    年収 300万円 ~ 500万円
    上流工程で活躍する!設計・製造フェーズからのスキ…

    【当社は今、アプリケーション開発エンジニアを求めています!】 『PGから、設計・要件定義を担当するSEを目指したい

    AZURE・PLUS株式会社
    place東京都
  • 株式会社アクトプロ
    年収 480万円 ~ 900万円
    【急募!残業時間10h以下/大手交通インフラ優良…

    弊社アクトプロは長期に渡りお客様との信頼関係を構築してきました、また働く環境にしっかり配慮しております。 各プロジェ

    株式会社アクトプロ
    place東京都

SNSでもご購読できます。