Webアプリケーション開発ってどういう仕事?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITエンジニアの中でも、特に求人が多いのが「Webアプリケーション開発」です。特に、プログラミング言語で一番求人が多い「Java」で需要が高い状況となっています。しかし、「Webアプリケーション開発」といっても実際はどのような仕事をしているのでしょうか。

今回は 「Webアプリケーション開発」に興味があるけれども、詳しいことはよくわからない方向けにどのような仕事なのか説明します。

「Webアプリケーション」とは

WebアプリケーションとはWebブラウザ上で動作するアプリケーションを指し、 PCやスマートフォンなどのプラットフォーム差異を考慮せずに利用することが可能な点が特徴です。

一言で「Webアプリケーション」といっても様々で、Amazonや楽天といった通販(EC)サイト、 TwitterやInstagramといったSNS、 転職サイトなどもWebアプリケーションです。
(専用アプリではなく、Webブラウザから利用した場合)

また、勤怠管理や交通費などの経費申請のような社内業務をWebアプリケーションで運営している企業も多いでしょう。いまやWebアプリケーションは生活する上でなくてはならないものになっています。

「フロントエンド」と「バックエンド」

Webアプリケーション開発を担当するITエンジニアは、業務内容から「フロントエンド」と「バックエンド」に分かれます。簡単に分類すると、システムを使う利用者に「見える部分」が「フロントエンド」、データ処理などを行っている「見えない部分」が「バックエンド」になります。

フロントエンドとバックエンドでは、求められることは当然違ってきます。
かつて、Webアプリケーションのエンジニアはフロントエンドとバックエンドの両方を担当していました。しかし、2015年に勧告された「HTML5」をきっかけに、フロント側に要求される要素が増えてきました。その結果、担当を分けて業務を行うことが主流となりました。それにより、職種として「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」と分けられることも増えてきました。

業務内容

フロントエンド

利用者が見える部分、主に画面の開発を行います。
飲食店の予約システムを例にすると、

・予約日、予約時間帯の選択
・予約人数の選択
・コース選択の有無(有の場合はコース名)
・予約を決定するために押すボタン表示

をフロントエンドが担当することになります。

使用技術

使う技術はWebブラウザ上で見える部分、つまり

・HTML
・JavaScript
・CSS

に集約されます。
しかし、最近ではJavaScriptにもフレームワークの流行があり、現在人気のものだけでも

・jQuery
・React
・Angular
・Vue.js

と種類があるため、Javaなどの言語と同様に一度習得しても常に情報をアップデートする必要があります。

動向の調査

フロントエンドが一番気にしないといけないのが端末のスペックと世の中のトレンドです。例えば、2020年のご時世にフィーチャーフォン(ガラケー)用のサイトのような表示は許されませんし、 PC表示のみを前提としたアプリケーションも今ではほぼ皆無です。

年々端末のスペックアップやブラウザのバージョンアップが進むなか、 より画面への工夫が求められるようになっています。 一方で、スマートフォンにおいては廉価なロースペック端末も増えつつあるため一概に動作を重くすることは望まれません。画面のレイアウトにもトレンドがあり、知識が古いままだと「古臭い」と利用者に評価されてしまう可能性もあります。

このように、フロントエンドは常に新しい動向を調査する必要があります。

求められる思考

フロントエンドが担当するのは、アプリケーションの「顔」です。
ここに問題が発生すると、利用者にすぐ気付かれてしまいます。

・利用者にとって見やすいか
・利用者が使いやすいか
・利用者にストレスを与えないか

上記のようなことを常に考え、より良い方法を考えていく必要があります。

バックエンド

バックエンドは、端的に言うと「フロントエンドが担当する部分以外のシステム全般の開発」になります。
フロントエンドと同様に飲食店の予約システムを例にすると、

・指定日程の予約状況取得
・人数に見合った座席に空席があるか検索
・予約状況の更新

をバックエンドが担当することになります。

使用技術

使用技術は見えない部分全般になるため

・API処理
・データベース
・サーバー(インフラ)
・ネットワーク(セキュリティ)

と多岐にわたります。
データベース、サーバー、ネットワークは専門のエンジニアが担当することもありますので、特に重要なのが「API処理」となります。

APIは「Application Program Interface」の略で、どのアプリケーションでも共通で使える機能を提供する仕組みです。これを利用してプログラムを書くことにより効率的にプログラミングできるのですが、フロントエンドと異なり多くのプログラミング言語とフレームワークの選択肢がありますので広い技術が必要とされることは変わりません。
使用するプログラミング言語は

・Java
・Python
・Ruby

などがありますが、2020年2月現在ではJavaが一番使用されています。

動向の調査

バックエンドは要求されることが多いうえ、画面の見た目を変えるのとは異なり、ちょっとした変更も影響範囲が大きくなります。
前述の飲食店の予約システムに予約者の性別を後から追加となった場合はデータベースの設計が変更になり、該当データのやり取りが発生するところ全部に影響します。また、システム構築に使用しているサービスを把握していないと開発を進めることが難しいケースもあります。

そのため、バックエンドを担当するエンジニアは単に言語知識だけでなく関連するサービスなどの知識が不可欠です。
特に昨今ではクラウド系のサービスが増え続けていますので、何が来てもいいように常にアンテナを張り続け、調査する必要があります。

求められる思考

バックエンドが考えるべきことは昔からあまり変わっていません。

・データに不整合がでないこと
・想定利用人数に耐えられること

簡単に書きましたが、 特に想定利用人数については利用者が爆発的に増えるということを想定する必要があります。総務省が2017年に行った調査によると20~40代のインターネット利用は95%を超えており、その中でインターネット接続にスマートフォンを利用する人は80%を超えているそうです。

以前はWebアプリケーションの利用者になりえなかった人たちが、スマホでアクセスする可能性を考えなければなりません。
そういう状況も加味し、システムが正常に動くよう考える必要があるのです。

必要な知識、スキル

「Webアプリケーション開発」に必要な知識や業務上必要なスキルをチャートにまとめました。フロントエンドとバックエンドでは若干異なりますので、それぞれ解説します。


「技術」「調査」「思考」が高くなっているのは業務内容で説明した通りです。その他の「知識」「折衝」「管理」についてはメインの業務ではありませんが、お客様の仕事への「知識」があれば使いやすい画面を作成することが可能です。「折衝」「管理」は自分に部下がいる場合は必要になってきます。



「技術」「調査」が突出しています。扱う技術の幅が広いことから「調査」はフロントエンドより重要度が高くなります。「思考」は以前よりは要素が増えているとはいえ、目的は変わっていないためフロントエンドより低くなっています。
「知識」「折衝」「管理」についてはフロントエンドと同様です。

キャリアパス


Webアプリケーション開発者になるまでと、その先のキャリアパスについて説明します。

到達まで

フロントエンド、バックエンドともに「プログラマー」から到達することが多いです。システムのプログラミングやテスト部分を担当するところから、徐々に担当範囲を広げていくというイメージです。

フロントエンドの場合は、HTMLの画面を設計する「マークアップエンジニア」からステップアップするケースもありますが、マークアップエンジニアはあまりプログラミング言語を使っていないため、そこからプログラミング言語を学習するとなると若干ハードルが上がります。

その先の展望

Webアプリケーション開発者になってからのキャリアパスですが、主なキャリアアップとしては以下が考えられます。

[共通]
・プロジェクトマネージャー

[フロントエンド]
・UI/UXエンジニア

[バックエンド]
・システムアーキテクト

プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、「知識」「折衝」「管理」を強化する必要があります。UI/UXエンジニアやシステムアーキテクトの場合は、「技術」「調査」「思考」を更に伸ばしていく必要があります。

他職種との連携

フロントエンド

前述した「UI/UXエンジニア」や「マークアップエンジニア」、エンジニアではありませんが「Webデザイナー」との連携をすることがあります。
あと、当たり前ですがバックエンドとは連携しないとシステムが動きません。

バックエンド

フロントエンドはもちろん、前述の「システムアーキテクト」はシステム設計・構築のプロフェッショナルですのでデータベース、サーバー、ネットワークの構築で連携することがあります。
もちろん、専門職種として「データベースエンジニア」「インフラ・ネットワークエンジニア」との連携もあります。

関連資格

Webアプリケーション開発に役に立つ資格を紹介します。
国家資格は上級であれば国や公共団体の仕事の一部を受注しやすくなるというメリットがあります。ベンダー資格は最新のものを持っていると技術力の裏付けになってくれます。

フロントエンド

[国家資格]
ウェブデザイン技能検定
Webデザイン方面の資格ですが、Web関連資格の中で唯一の国家資格です。
1級は受検資格に一定の実務経験が必要になります。

[ベンダー資格]
HTML5プロフェッショナル認定試験
LPI-Japan事務局が認定しているHTML5の資格です。HTML5というタイトルになっていますが、CSS3、JavaScriptも含まれています。

Microsoft 試験70-480 Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3
マイクロソフトのフロントエンド開発者向け資格です。
やはりHTML5、CSS3、JavaScriptの知識を問うものになっています。

バックエンド

[国家資格]
システムアーキテクト試験(SA)
情報処理技術者試験の中でも高度情報技術者に分類される資格です。
合格は難しいですが、合格するといわゆる「高度IT人材」という位置づけになります。

[ベンダー資格]
Java SE 11 認定資格(Oracle認定Javaプログラマ)
Javaの開発元Oracleの資格です。ブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類があります。

Python試験
「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」が認定している資格です。
「エンジニア認定基礎試験」と「エンジニア認定データ分析試験」があります。

Ruby技術者認定試験
「一般財団法人Rubyアソシエーション」が認定している資格です。
「Silver」と「Gold」の2種類です。(「Platinum」は策定中)

おわりに

「Webアプリケーション開発」は、実際に携わる範囲によりかなり内容が異なることがおわかりいただけたかと思います。
Webアプリケーション開発者を目指す際、プログラミングの経験が少ない方は、まずはプログラマーとして経験を積むことでスムーズにステップアップすることができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITエンジニアとして一歩を踏み出したい。そんな未経験の貴方に見て欲しい

自分の新たな可能性を開いてみたい。エンジニアの一歩を踏み出してみたい。そう思っても独りで踏み出すのは怖いと感じるものです。
そんな時は、一緒に歩んでくれる人を探しましょう。一緒に悩んでくれる人を探しましょう。Javaキャリには未経験OKの求人も多数登録されています。
ベテランへの道も一歩から。Javaキャリには研修や自学の補助など、貴方のエンジニアライフをサポートしてくれる企業が満載!

IT業界に興味を持ったら、ITエンジニアに興味を持ったら、一度是非ご覧下さい。


未経験OKの求人を見る

  • ファイナンシャルテクノロジーシステム株式会社
    年収 350万円 ~ 700万円
    業界30年のノウハウと革新的な独自AIプラットフ…

    〈会社の特徴〉 弊社はFintech分野をリードする、先進的なシステム開発を得意とする会社です。 Finance(金

    ファイナンシャルテクノロジーシステム株式会社
    place東京都
  • 株式会社インプレス
    年収 300万円 ~ 600万円
    【20代・30代活躍中】オープン系SE・PG◆上…

    経営理念は、「技術の前に人ありき」。 人柄重視といっても、難しいことは求めません。 きちんと挨拶ができ、お客様や

    株式会社インプレス
    place東京都
  • 株式会社インフォメーションポート
    月給 26万円 ~ 50万円
    【SE/PG】あなたの「やってみたい!」「スキル…

    インフォメーションポートは「スキルアップを実感できる」会社です。 ◆同じような仕事でスキルアップできていない ◆

    株式会社インフォメーションポート
    place東京都
  • 株式会社クリエーション・ビュー
    年収 400万円 ~ 800万円
    一次請け案件8割/20代活躍中/残業ほぼゼロ/1…

    「手を動かすだけでは物足りない…」 そんなスキルアップを目指す、エンジニアの想いに応えます! エンジニア一人ひ

    株式会社クリエーション・ビュー
    place東京都
  • AZURE・PLUS株式会社
    年収 300万円 ~ 500万円
    上流工程で活躍する!設計・製造フェーズからのスキ…

    【当社は今、アプリケーション開発エンジニアを求めています!】 『PGから、設計・要件定義を担当するSEを目指したい

    AZURE・PLUS株式会社
    place東京都
  • 株式会社アクトプロ
    年収 480万円 ~ 900万円
    【急募!残業時間10h以下/大手交通インフラ優良…

    弊社アクトプロは長期に渡りお客様との信頼関係を構築してきました、また働く環境にしっかり配慮しております。 各プロジェ

    株式会社アクトプロ
    place東京都

SNSでもご購読できます。